血圧 サプリメント

血圧下げるサプリメントランキング

高血圧の予防には規則正しい食生活や適度な運動が効果的ですが、一度血圧が上がってしまうとそれだけで改善するのは難しいものです。毎日の対策と併せて血圧低下に役立つ成分をサプリメントで補給すると効果的です。

 

特にヒハツ、DHA&EPA、ナットウキナーゼなどは、日常の食生活で摂取しにくい人が多いので意識してとるようにしてください。当サイト、高血圧改善の助けになるサプリメントを紹介しています。天然素材を使って上質に仕上げたサプリメントばかりなのでぜひ試してみてください。

 

血圧が高めの方のタブレットの特徴

血圧が高めの方のタブレットは、製薬会社が作った1日1粒の血圧対策サプリメントです。血圧を下げる効果があるヒハツ由来のピペリンを配合。ピペリンは1〜2週間で高めの血圧を改善し、続けることで血圧を維持することが確認されています。さらに無理なく続けられることを考えて、1日1粒のタブレット型を採用。手軽に血圧を下げたい方におすすめのサプリメントです。機能性表示食品。

価格 1000円
評価 評価5
備考 機能性表示食品

 

きなりの特徴

きなりは、血圧対策に良いといわれるDHA・EPA・ナットウキナーゼを配合したサプリメントです。中でもDHA・EPAは厚生省の目安摂取量の半分をカバーする量を含有しています。さらに、成分の酸化(劣化)を防ぐためにアスタキサンチンという抗酸化成分も含まれており、有効成分を無駄なく体中に浸透させるため、実感力にも長けています。

価格 1980円
評価 評価5
備考 1日あたり約66円
きなりの総評

きなりはただ有効成分を含んでいるだけでなく、それをサポートする成分もしっかり入っており隙のない上質なサプリメントです。その上、1日あたり約66円とコスパにも優れていますのでおすすめです!

 

肝パワーEプラスの特徴

広島産の牡蠣や長野産のニンニク、紀州産の南高梅を原料にした肝パワーEプラスは、肝臓や血圧の数値が高めの方におすすめです。漢方系のサプリメントで、すでに売上は300万袋以上も突破し、体験した人の満足度は85%という圧倒的な人気。今公式サイトから申し込めば、5日間お試しセットが購入できます。

価格 980円
評価 評価4
備考 5日分お試しセット!
肝パワーEプラスの総評

肝パワーは売れ続けて20年となるロングセラー商品です。長い間売れ続けるのは信頼の証です。血圧だけでなく肝臓の健康も守りたい方におすすめです。

 

白井田七の特徴

白井田七は、血圧・血糖など加齢とともに数値が気になる方におすすめの漢方系サプリメントです。高麗人参の7倍以上の含有量を誇るサポニンを含む田七人参と有機玄米のみを使用した高品質な商品となっています。圧力をかけ錠にしているため、余計な添加物を一切使っていないことも安心できるポイントです。

価格 3980円
評価 評価4
備考 毎月300名様限定価格
白井田七の総評

高血圧は合併症(特に糖尿病など)に注意しなければなりません。白井田七なら高めの血圧だけじゃなく、血糖やヘモグロビンa1cにもアプローチします。価格に見合った数少ない価値あるサプリメントです。

 

小林製薬 ナットウキナーゼの特徴

高血圧の原因は中性脂肪値の上昇です。中性脂肪を下げる成分が多く含まれているのがナットウキナーゼ。納豆にしか含まれない成分で、ここに魚類に多く含まれるDHA&EPAを加えたのが小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットです。いずれも毎日食品から摂取するのは大変な成分で、生活習慣病対策には最適です。ドロドロ血液をサラサラにしたいと考えている人にはおすすめします。公式サイトからの注文で送料無料になるのが嬉しいですね。

価格 1500円
評価 評価3
備考 1日あたり約54円
小林製薬 ナットウキナーゼの総評

ナットウキナーゼは中性脂肪のほか高コレステロール、動脈硬化などの予防・改善にも役立ち、将来の病気リスクを抑えることができます。

 

 

血圧を下げるために摂りたいサプリメント成分一覧

 

 

高血圧は別名「サイレントキラー」と呼ばれており、気が付かないうちに高血圧になっており、高血圧に伴う様々な諸症状を発症している場合があります。高血圧を防ぐには普段の食生活の見直しや適度な運動が効果的ですが、より効果的に高血圧を防ぐために、サポートとしてサプリメントの使用がオススメです。

 

タウリン

 

タウリンは魚介類に含まれている成分です。タウリンと聞くと、栄養ドリンクのイメージを持っている方が多いと思いますが、タウリンは高血圧にも効果的なのです。タウリンには交感神経を鎮める効果があり、血管にかかる負担を少なくしてくれます。高血圧は血管にかかる圧が高くなる症状なので、タウリンを摂取することで血管にかかる負担が少なくなります。

 

DHA・EPA

 

DHA・EPAは魚に含まれている成分で、健康成分として人気の成分の一つです。DHA・EPAは摂取することで血流をサラサラにし、血管にかかる圧力を低下し、高血圧を防ぐことができます。その他にも様々な健康効果が期待できるので、積極的に摂取したい成分です。

 

トマト酢

 

トマト酢にはルチンやカリウムが含まれており、この2つが血圧を下げてくれます。ルチンは毛細血管を強化し、血管にかかる負担に強くなります。カリウムは体内にあるナトリウムを排出する機能があり、血流をサラサラに保ってくれます。これらの働きが高血圧を予防してくれるのです。

 

田七人参

 

田七人参は中国南部が原産地の植物で、古くから漢方薬の一種として使われてきました。田七人参に含まれている健康成分は血管を拡張させ、血圧を下げる働きがあります。

 

ナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼは血液中に出来る血栓を溶かし、血流をスムーズにする働きがあります。すると、血圧が自然と下がっていき、高血圧に効果が期待できるのです。

 

血圧を下げる!サプリメントの飲み方

 

 

食生活や生活習慣の変化に伴い、高血圧に悩んでいる方は増加しています。高血圧は放置しておくと血管に関わる様々な病気を引き起こしてしまい、場合によっては重篤な病気になってしまう恐れがあります。高血圧と診断されたら、すぐに改善する必要があります。

 

高血圧を治療するためには食生活の改善が一番効果的です。そのサポートとして有効なのが、高血圧改善サプリメントです。サプリメントは高血圧改善に効果的な成分が凝縮されており、手軽に必要な栄養素を摂取することができます。食生活の改善だけでは物足りないという方に、サプリメントの摂取はオススメの方法です。

 

摂取量

 

高血圧に悩んでいる方は増加傾向にあります。そのため、対策サプリメントの種類も増加しています。様々な種類のあるサプリメントですが、含まれている成分や量は商品により異なります。そのため、一概に「血圧対策サプリメントに効果的な摂取量はこの量だ」と決めることはできません。

 

その商品ごとに有効な摂取量というものは決められているので、決められた摂取量を守るようにしましょう。サプリメントは緩やかに効果を実感することができるものです。効果が実感できないからと言って、過剰摂取をするのはやめましょう。せっかくの有効成分が吸収されずに排出されてしまったり、思わぬ副作用が出てしまう場合があります。

 

飲むタイミング

 

サプリメントを飲むタイミングは食後が有効な場合が多いです。食後は胃液の分泌や消化器官の働きが活発化しているので、サプリメントの有効成分が吸収されやすくなっています。また、食後に飲むという習慣を付けることで飲み忘れがなくなり、無理なくサプリメントを続けることができます。

 

高血圧とは?どんな病気なの?

 

 

安静状態の血圧が、いつも基準値より高い状態を、高血圧といいます。原因は、生活習慣や年齢、遺伝といわれますが、約9割は原因不明。塩分の取り過ぎ、肥満、ストレス、タバコは高血圧に大きく関係していると考えられています。男性は50代から、女性は60代から、高血圧の人が多くなります。また、遺伝的に高血圧になりやすい体質があります。

 

高血圧の人は、常に血管に強い圧力がかかっているため、負担が大きく、血管の内壁が傷ついたり、固く柔軟性が無い状態となります。そのまま放置すると、動脈硬化を起こしやすくなり、最悪の場合は脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる病気につながることも。痛みもなく気づかないうちに症状が進むため、高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)と言われています。

 

日ごろから自分の血圧に注意し、家庭でも血圧を測ることが大切です。というのも、「仮面高血圧」という人が存在するから。仮面高血圧は、病院や診療所で測ると正常なのに、家庭で測ると高血圧というものです。ほかにも、早朝だけ血圧が高い「早朝高血圧」、睡眠中も血圧が下がらない「夜間高血圧」、職場高血圧ともいわれる「ストレス高血圧」があります。これらは一般的な高血圧に比べてリスクが高いといわれています。

 

血圧の正常値や高血圧と診断される数値は?

 

日本での血圧の基準はガイドラインにより次の通り。血圧の正常値は、収縮期血圧(最高血圧)130未満かつ、拡張期血圧(最低血圧)85未満。至適血圧(動脈硬化などを起こしにくい一番よい血圧)は、収縮期血圧120未満かつ、拡張期血圧80未満です。

 

高血圧と診断される数値は、病院や診療所で測る値と、家庭で測る値とで分けられています。病院や診療所で測る場合は、収縮期血圧140以上かつ、拡張期血圧90以上が高血圧。家庭で測る場合は、収縮期血圧135以上かつ、拡張期血圧85以上が高血圧です。

 

高血圧になると出やすい症状、合併症は?

 

高血圧の自覚症状としては、頭痛・耳鳴り・めまい・肩こり・動悸などがあります。一つだけでなく、同時に現れることも。しかしこれらは高血圧だけに現れる症状ではないため、自分が高血圧であるということに結びつかないことも多いのです。そのため、知らないうちに合併症につながることにもなります。高血圧の怖い合併症は、次の通り。

 

脳にあらわれる合併症には、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが。心臓にあらわれる合併症には、心肥大、狭心症、心筋梗塞があります。また、動脈硬化がすすみ、腎障害を発症することもあります。

 

ほかにも、糖尿病の発症率が通常の2〜3倍高くなります。というのも、糖尿病は高血圧は肥満やストレスなど、その原因が重なっていることが多いからです。高血圧の人は、糖尿病の予防も一緒考えましょう。

 

高血圧を避けるために気をつけたい食生活

 

 

高血圧は現代人に多い病気の一つです。放置しておくと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な病気に繋がる恐れのあるものです。

 

高血圧は別名「サイレントキラー」と呼ばれており、その名前のとおり気が付かないうちに症状を発症し、場合によっては高血圧が原因で死亡に至るケースもあるのです。

 

健康診断や人間ドックで高血圧と診断された場合、すぐに改善する必要があります。血圧を低下させる薬はありますが、身体に負担をかけない方法としてオススメなのが食生活の見直しです。食生活を見直すことで、高血圧を予防したり改善することができます。

 

塩分の過剰摂取を避ける

 

日本人は古来から漬物や味噌汁など、塩分が多く含まれておる食べ物を摂取する傾向にあります。世界的に見ても、日本人は塩分を多く摂取していると言われています。現代では食生活の欧米化が進み、塩分をたっぷり使った味の濃い食事が普通となっています。これが高血圧の原因となっているのです。

 

高血圧を避けるためには、まず普段の食事から減塩をするように心がけましょう。醤油やソースを使わず、レモンやゆず、こしょう、ゴマで味付けをする、汁物は飲み干さない、醤油はかけるのではなく付けるようにするなど、普段の食生活から工夫をして気を付けるようにしましょう。

 

カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの有効成分を摂取する

 

高血圧に効果的なのが、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素です。これらの成分は摂取することで血圧を緩やかに下げてくれます。カリウムは野菜類、マグネシウムは海藻や豆類、カルシウムは牛乳や小魚に多く含まれています。いずれも身近な食品なので、普段から意識して摂取するようにしましょう。

 

血圧対策にきなりが人気の理由

きなりには、血圧対策に欠かせないこだわりの栄養素がギッシリ凝縮しています。

 

含まれるDHA・EPA・ナットウキナーゼは血圧を下げるためには非常に良い成分です。さらに、これらの成分をしっかりと体中に吸収させるクリルオイルや酸化を防止するアスタキサンチンなども含まれています。

 

これが実際に飲んでいる方々(私も飲んでます♪)の実感度・満足度の高さに現れているのです。

 

 

更新履歴